その時の想いをその時代の記憶を生まれくる人々のためにことばで繋ごうみんなで創ろう千年続く、こころの物語

宮城県エリア巡礼地

11 十八成浜白山神社

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市十八成浜で、地域のシンボルとなっている白山神社の鳥居が14日、再建された。十八成浜地区で支援活動を続けるボランティア団体「愛知ボランティアセンター」(名古屋市)や豊田市前林中の生徒たちの寄付金を活用した。海岸線から100メートルほどの高台にある神社の鳥居は、海沿いを通る県道に面した参道入り口に立っていた。震災の津波で、神社の建物は無事だったが、石造りの鳥居は倒壊した。十八成浜行政区の後藤正信区長は「神社は地域の守り神。5月3日の例祭に間に合うように、鳥居を建立できて良かった」と感謝している。
所在地:石巻市十八成浜金剛畑20