宮城県エリア巡礼地

21 戸花慈母観世音

漂流し、ガレキで一夜を過ごした奇跡の場所。念仏講の数珠も流されましたが真心ある方がガレキの中から取り出し、洗ってくれてお寺に収めてありました。被災体験を語り継ぐ「やまもと民話の会(代表庄司アイさん)」の願いに賛同した県内外からの支援で建立された。

◇こころのみちの物語「祈るということ」

人は、なぜ祈るのだろう。祈らずにはいられないのだろう。 
宮城県山元町で、東北お遍路のポイントにと、戸花山を推薦してくれた庄司アイさんに会った。その場所に案内してもらった。最初、そこを見たときは、特別ふさわしい場所とも思えなかった。

しかし、庄司さんは、そこに立った瞬間に大粒の涙をこぼして、私の手をしっかり握った。
「お願いします。この場所を東北お遍路の巡礼地にしてください。この場所で、私たちは念仏講をしていたのです。先祖からずっと何百年も、ここで、家族の、地域の、安全と幸せを祈ってきたんです。

念仏講の建物は津波で流されてしまいました。多くの遺体がここで発見されました。
どうぞ、ここを巡礼地にしてください。何もなくなってしまって、手を合わせる場所がないんです。お願いします。手を合わせる場所を作ってください」

そうか。手を合わせる場所か。別に、祈ろうと思ったら、どこでも祈ることはできるのに、それでもやはり祈る場所が必要なのだ。皆で祈る場所が必要なのだ。

心静かに手を合わせ、こうべを垂れる。すると不思議なことに、ここは祈りの場所にふさわしい場所だと思えた。

人は、死んだ人のために祈るのかもしれない。でも、祈ることは、死んだ人への慰霊の気持ちと同時に、生きている人の心の平穏のためのような気がする。悲しみを癒すためのような気がする。生きている人と、死ななければならなかった人とが、まだ繋がっていることを確認するためのような気がする。

東北お遍路は、慰霊と鎮魂という亡くなった人への供養の道だけれど、生きていく人、生きていかなければならない人にとって、足を前に出す力を貰える道になると思う。
東北お遍路の巡礼地は、外から巡礼に来てくれる人はもちろんのこと、地元の人にとっても大切な場所なのだ。

いつか、津波で消失した念仏講の建物が再建されることを願う。
(文責:村上美保子 一般社団法人東北お遍路プロジェクト理事)
所在地:山元町坂本(戸花山のふもと)